モビットでスピードキャッシング

モビットは開業当初から店舗を持たず、WEB完結を特徴として知名度を上げたキャッシング会社です。

 

今ではカード申し込みという方法も始めましたが、当初はWEB申し込みのみで、契約後の利用方法もカード発行もなく、ネットキャッシングのみでした。

 

これだけでも、ほかのキャッシング会社と比べると大きな特徴を持つこととなるのですが、モビットの特徴はこれだけではありません。何と、キャッシング申し込みにおいて多くの人が気にしている勤務先への在籍確認の電話を初めて除外したキャッシング会社なのです。

 

しかし、普通に考えれば返済の要である収入源がはっきりしない相手に貸し出しなんてできるはずもありませんよね。ということは、在籍確認なしでキャッシングの審査に通るわけはないというのが当然の考えなのです。

 

それではモビットはどうして在籍確認なしでOKとしているのでしょう?

 

最近は在籍確認を電話だけでなく、書類提出によって代用できるところも増えてきていますが、つまりモビットはこの走りなのです。モビットのWEB申し込み時には本人確認書の他に、健康保険証と収入証明書の提出が求められます。

 

ですから、この保険証に記載されている勤め先を確認することによって、電話連絡の代用としているわけです。よって、パートやアルバイトの場合は健康保険証と収入証明書で在籍確認することができませんから、当然のことですがパートやアルバイト先へ電話による在籍確認が行われることとなります。

 

 

モビットの即日キャッシング

 

それではモビット即日キャッシングはどのようになっているのでしょうか?

 

WEB完結においては、冒頭でも申しましたがすべてがWEB上のやりとりだけで行われ、一部を除き電話連絡が入ることはありません。

 

しかし、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っており、尚且つ14時50分までに振込処理を終わらなければ当日の振込キャッシングは不可能となります。

 

この点を考えれば、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持たない地方都市にお住まいの人にとってはかなり厳しい条件となってくることが予測されます。

 

また、もう一つのローン申込機を利用した場合には、用意するものは本人確認書のみとなっており、直接その場でモビットカードが発行されることとなるので、WEB完結のような縛りはなく、申し込み者の利用可能範囲は高くなります。

 

しかし、このローン申込機を利用する場合には注意が必要です。

 

実はこのローン申込機は、モビットのHP上では全国各地と表記されていますが、実はその台数は少なく、四国に至っては全く設置されていないのです。

 

東京周辺以外で設置されているのは、

 

・北海道 札幌

 

・東北 青森、盛岡

 

・中部 新潟、長野

 

・近畿 京都、奈良

 

・九州 熊本、大分、鹿児島

 

となっています。

 

ですから、東京周辺以外でこのローン申込機を利用することができるのは、ごく限られた地域のみですから、やはりモビットを利用して即日キャッシングできる人はかなり限られてくるというわけです。

 

モビットを検討している人は、この点をよく理解していないと、後でビックリということにもなりかねませんね。

 

モビットの詳細
入会費無料
保証人不要
限度額1万円〜800万円
実質年率3.0%〜18.0%
遅延損害金20.0%(実質年率)