スピードキャッシングの方法

★審査が早い!即日借りれるスピードキャッシングとは?

 

近年のキャッシング業界はスピードキャッシングに対応した所が多くなってきているので、正しく会社を選べば審査も最短30分で済むので、どうしても即日借りたいという人も安心してスピードキャッシングを受ける事ができます。

 

しかし、いくら審査が早いと聞かされていても、今まで一度もキャッシングを利用したことのない人にとっては、どこを選べばよいのか?どうやって申し込んだらいいのか?全く分からないといったところが正直なところだと思います。

 

キャッシングの申し込みにはさまざまな方法が用意されているのですが、やはり一番おススメな方法はパソコンやスマホなどを利用したインターネット申し込みでしょう。

 

これならばわざわざ申し込みに出向く必要もありませんし、キャッシング申し込み時に一番懸念されることの多い人目も気にする必要もありません。

 

お急ぎの方はこちらから選びましょう

 

スピードキャッシングを受けるための基本

 

申し込み時に気をつけること

まず、申し込み時に気をつけなければならにのは「即日キャッシング」とか「スピードキャッシング」といった条件を謳っているキャッシング会社を選ぶことです。

 

間違って、即日融資に対応していない会社を選んだ場合、審査に時間がかかり、スピードキャッシングを受ける事ができません。審査体制などの充実ぶりを考慮すれば、これら条件を提示している上で尚且つ、大手キャッシング会社を選ぶことをおススメします。

 

これはスピードキャッシング成功の確実性を考える上で大きなポイントとなってくるので、気をつけるようにしましょう。

 

申し込み方法

申し込み先が決まれば後はそのキャッシング会社のネット上の申し込みページに入るだけです。申し込みページでは丁寧なガイダンスが行われているので、その通り進めていけば簡単に申し込むことができます。

 

必要となる書類は基本的には本人確認書のみで、本人確認書を写メなどでとって送る形になるので、前もって写真を用意しておくとスムーズな申し込みができます。

 

申し込み時に入力する事項は、氏名、年齢、性別、住所などの基本的な個人情報に加え、勤務先、勤務年数、年収、住宅情報、他社借り入れ金額など詳細な情報が問われます。

 

これは審査通過のための基本的な判断基準となってくるので、正確に入力することを心がけましょう。すべての入力が終われば、それで申し込みは完了です。

 

後はメールで送られてくる審査結果を待つだけです。

 

利用方法

審査に問題なくOKとなれば、その時点からキャッシングすることが可能になります。

 

振込キャッシングに対応している場合

審査完了後に希望した金額がアナタが指定した口座に振込まれることになります。インターネット申し込みですから、まだ手元にキャッシング用のカードはない状態ですが、自分の口座にお金が振り込まれるので、そのまま普段通りに自分の銀行口座のキャッシュカードでおろすだけです。

 

振込キャッシングに対応していない場合

振込キャッシングに対応していない会社の場合はお金を引き出すためのカードが必要になってくるので、ネットで申し込みをした後に、自動契約機に行ってカード発行する必要があります。ネット申し込みが済んでいれば、このカードはすぐに自動契約機から発行されるので、それを取ってATMなどからお金をおろす事ができます。

 

以上がスピードキャッシングの申し込みから利用までの流れです。

 

ネットショッピングを利用したことがある人ならば、迷うことなく簡単に利用できる申し込み方法ですから、安心して申し込んでもらうことができるでしょう。


スピードキャッシングができる会社は?

即日キャッシングは急にお金が必要になったという人にとって、本当に便利なサービスです。しかし、申し込んだ人全てが確実に即日キャッシングが受けられるわけではありません。

 

ですから即日キャッシングを受けるためには、即日キャッシングが可能なところを選ぶだけでは十分ではありません。

 

即日キャッシングが可能なところは、基本としてスピード審査を導入しているところばかりなのですが、重要となってくるのはその審査対応時間です。

 

いくらスピード審査を導入していたとしても、審査自体を受けられないのでは即日キャッシングも不可能となってきます。

 

そして次に気をつけなければならないのが、振込可能時間です。

 

即日キャッシングは基本的に振込キャッシングが行われるので、振込み可能な銀行営業時間でないと借り入れ処理はできても当日現金を手にすることが不可能となってくるのです。

 

それではこの2点に注意しながら、現在即日キャッシングが可能なキャッシング先にはどのようなところがあるのかを見ていくことにしましょう。

 

スピードキャッシングが可能な会社はどこ?

 

キャッシング先はできるだけ信頼性のある安心できるところから行いたいものです。

 

その点から即日キャッシングできるところを選ぶと、アコム・プロミス・モビット・アイフル・ノーローン・三菱東京UFJ銀行カードローン・新生銀行カードローン レイクが挙げられます。

 

上記の会社は全て最短30分で審査が完了する会社です。

 

各社の締め切り時間はこんな感じ

消費者金融系(最短30分で審査完了)
アコム

実質年率:4.7%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※平日の14:30までに手続き完了で即日振込

 

プロミス

実質年率:4.5%〜17.8%

振込キャッシング:対応

※平日の14:50までに手続き完了で即日振込

 

モビット

実質年率:3.0%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※平日の14:50までに手続き完了で即日振込

 

アイフル

実質年率:4.5%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※締め切り時間の記載なし

 

ノーローン

実質年率:4.9%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※平日の12:30までに手続き完了で即日振込

銀行カードローン(最短30分で審査完了)

新生銀行カードローン レイク

実質年率:4.5%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※平日の14:00までに手続き完了で即日振込

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

実質年率:4.6%〜14.6%

振込キャッシング:なし(※TV窓口の利用で即日可)

※締め切り時間の記載なし

 

楽天銀行カードローン

実質年率:4.9%〜14.5%

振込キャッシング:対応

※締め切り時間の記載なし

 

※楽天銀行は最短即日と記載。即日対応の記載があるけど、実は結構審査時間がかかるという情報あり

 

上記が即日キャッシングに対応している会社なのですが、即日キャッシングを可能にするにはどこも、手続き完了時間を条件としています。

 

一番その締め切り時間が早いのがノーローンで、平日の12時30分となっていますが、他は14時台が大半で、一番遅いものでプロミスやモビットの14時50分というものがあります。

 

しかし、これはあくまで審査終了時間で、審査完了までは込み具合によって、最短で30分〜1時間くらいかかる事があるので、締め切り時間より1時間以上前に申し込みをして、できるだけ審査を受ける時間が早くする必要があります。

 

また、申し込みがインターネットが一般的となり、振込キャッシングが一般的となった今、一番肝心なのは自動契約機など(カード発行できる設備)があるかどうかも重要です。

 

カード発行が可能ならば、審査完了時点で上記の締め切り時間が過ぎてしまっていた場合でも、カードでATM等から直接キャッシングすることが可能となります。


締め切り時間が過ぎてしまったけど即日借りたい…

 

たぁ〜〜!締め切り時間過ぎてる〜!!

 

今日中にどうしてもお金が必要やねん!あかんやん!!

 

人気のインターネットを使ったスピードキャッシングですが、上記で紹介した締め切り時間が重要になってきます。

 

借り入れした金額はキャッシング会社から申し込み者の指定口座へ、返済時にはキャッシング会社の指定口座へ銀行を通して振込まれるわけです。ですから、このシステムを利用していく上で忘れてはならないのは、銀行営業時間内での取引でないと即日お金を手にすることができないというわけです。

 

締め切り時間が過ぎていても即日お金を手にする方法

 

それではスピードキャッシングで申し込んだとしても、審査結果が銀行営業時間外に出た場合は当日に現金を手にすることはできないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

申し込んだキャッシング会社に自動契約機があれば、専用カードの発行を即日で受けとることが可能です。これならば、たとえ銀行からの振込ができなくなる締め切り時間以降のキャッシングでも、自動契約機を利用してキャッシングすれば、確実に現金を手にすることが可能となってくるというわけなのです。

 

申し込む時間が微妙で、審査結果が14時を越えてしまいそうな時には、自動契約機があり、尚且つカード発行が可能なキャッシング会社を選ぶようにしましょう。

 

無人契約機を利用したスピードキャッシング方法

銀行営業時間に間に合わなくても無人契約機があれば大丈夫!

 

銀行営業時間に間に合わない場合には、ネット申し込み後に無人契約機へ行ってカードを発行して、そのままATM利用でキャッシングすれば即日現金を手にすることも可能というわけなのです。

 

自動契約機をご近所で1度くらいは見たことがあるはず。

 

自動契約機で手続きをすると、機械からカードがウィーンって出てきます。その場でカードがもらえるので、これを使えばOKという事ですね。

 

その方法に関しては、インターネット申し込みで完了した証拠として契約書が必要であるとか、本人確認書のみでOKであるとかキャッシング会社によって若干差があります。

 

ですから、その点に関しては申し込み時にシッカリと確認しておく必要があります。

 

即日キャッシングを確実にしたいと思っている人は、スピードキャッシングであるということだけで安心せずに、銀行営業時間に間に合わなかった場合も考慮して、カード発行が可能な大手キャッシング会社への申し込みを行うというのも大事なポイントだということですね。

 

自動契約機もある会社一覧

消費者金融系
アコム

実質年率:4.7%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※自動契約機の営業時間は9時〜21時まで

 

プロミス

実質年率:4.5%〜17.8%

振込キャッシング:対応

※自動契約機の営業時間は9時〜22時まで

 

モビット

実質年率:3.0%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※自動契約機の営業時間は9時〜21時まで

 

アイフル

実質年率:4.5%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※自動契約機の営業時間は9時〜21時まで

 

ノーローン

実質年率:4.9%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※自動契約機の営業時間は8時45分〜21時まで(※レイクの自動契約機を使用)

銀行カードローン
新生銀行カードローン レイク

実質年率:4.5%〜18.0%

振込キャッシング:対応

※自動契約機の営業時間は8時45分〜21時まで

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

実質年率:4.6%〜14.6%

振込キャッシング:なし(※TV窓口の利用で即日可)

※自動契約機の営業時間は9時〜20時まで

 

楽天銀行カードローン

実質年率:4.9%〜14.5%

振込キャッシング:対応

※自動契約機なし

 

※自動契約機の場所によって営業時間が違う場合もあります